感想 映画 漫画

ワンピース スタンピード【考察予想】映画は原作の強さランキングに影響を及ぼすか

投稿日:2019年8月5日 更新日:

海賊、海軍、王下七武海、革命軍、CP0、全勢力集結! 奇跡の共同戦線

 ワンピース映画最新作「ワンピース スタンピード」が8月9日から公開される。

 過去最大級のキャラクター共演が実現する本作。

 期待したいことが一つある。

 それは前作「ONE PIECE FILM GOLD」に抱いた不満。

 強キャラ同士の対決に決着がつかなかったこと。

 ぜひ今回「GOLD」が踏み込まなかった領域に踏み込んでほしい。

「ONE PIECE FILM GOLD」で描かれなかった決着。サボとルッチはどっちが強いんだ?

 原作ではまだ見ぬキャラ同士の夢の共演が見れる「ワンピース スタンピード」。

 「フィルムゴールド」ではサボとロブルッチが共演したものの、今回はその比ではない。

 しかし、正直フィルムゴールドでのサボとルッチの共演は物足りなかった

 二人は戦うものの、結局決着がつかずに終わるのだ。

 極端に言ってしまえば、二人はただ画面に揃って映るだけ。

 革命軍のナンバー2とCP0トップのバトル。

 どっちが強いのか? という疑問に答えは出されずに終わる。

原作では脇役同士のバトルに決着がつく一方で

 原作では脇役同士のバトルに決着がつくことが多い。

 例を上げればエースVS黒ひげ、サボVSバージェス、スモーカーVSローなどなど。

 映画で決着はつけちゃいけないんだろうか

 「原作ではっきりしてないことを映画でやっちゃ駄目だろ!」

 という言い分はワンピースには必ずしも通じないと思っている。

 ワンピースは原作と映画がリンクする要素が多いからだ。

 金獅子のシキなどは映画だけのゲストキャラクターに終わらず、原作でも言及されるなどして、存在感が共通している。

 ので、「脇役キャラの共演」をやるからにはもっと踏み込んで欲しいという思いがある。

奇跡の共同戦線に至るまでに

 今回の見どころとして銘打たれている「奇跡の共同戦線」。

 前情報では最悪の世代やルフィ、ロー、ハンコック、スモーカー、バギー、ルッチなどが戦線を張ると見られている。

 こんなの面白くないわけがない。

 ただこれが実現するのはクライマックスだろう。

 それまではほぼ全員がバラバラに戦い、時には敵対して争うと予想している。

 “鬼”の跡目ダグラス・バレットが一致団結しなければ勝てない敵だと気づき、そこで初めて戦線が張られるのだ。

 なので「絶対おもしろい」共同戦線を張るまでの間に、一つでもいいので「どっちが強いんだ?」にも答えを出してほしい。

 「こいつとこいつが戦ったらどうなる?」→「ちょっと小競り合いして終わっただけでした」だけだとあまりに寂しい……。

 最悪の世代同士でも良いし、フィルムゴールドで描かれなかったルッチVSサボでもいい。

 映画が原作に遠慮せず、強さランキングに影響を及ぼすような「なにか」が欲しい!

まとめ

 キャラクターの夢の共演だけでもめちゃくちゃ楽しめるのは確定してるけども。

 「こいつとこいつ、どっちが強いか知りたい!」というシンプルな欲求にも踏み込んでくれるかどうか。

 フィルムゴールドに感じた不完全燃焼をぜひ、スタンピードでは晴らしてほしい!

-感想, 映画, 漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナイトミュージアム2 観てるだけで楽しい博物館ムービー【感想】

アメリカ人のアメリカ人によるアメリカ人のためのファミリー映画。  2009年アメリカ公開「ナイトミュージアム2」  主演はベン・スティラー。割と最後までスティーヴ・カレルだと勘違いしてた。  この人こ …

仄暗い水の底から  黒木瞳がよくわからん選択をする思い出の映画

子供の頃は怖かったホラー映画「仄暗い水の底から」  2002年日本公開「仄暗い水の底から」。  母娘が引っ越してきたマンションで怪奇現象に見舞われる。  美しすぎる母親を黒木瞳、可愛すぎる娘を菅野莉央 …

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石 美しい海でお手軽アドベンチャー 感想

2008年公開アメリカ「フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石」  主演コンビは「10日間で男を上手にフル方法」のマシュー・マコノヒーとケイト・ハドソン。  コメディ色強めの夏にピッタリなリゾー …

【シーズンF】有田と週刊プロレスと#4 天龍VSパリピ! ジャイアント馬場のモノマネ多め! 感想

天龍源一郎に訪れた奇妙な転機  今回扱うのは1990年4月28日の週刊プロレス。  ゲストは北海道芸人で現在、加藤浩次についていくかどうか迷っている平成ノブシコブシ吉村。  約30年前に開かれた『日米 …

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 【感想】 怖くはないが続編は観たくなる

2017年アメリカ公開「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」  スティーヴン・キング原作の人気小説の映画化。  原作が分厚い本4冊分の大長編のため、映画は二部構成、今作はその第一部。  第二部 …