N国党 政治 芸能

マツコ・デラックス反省せず!降板否定でN国党・立花孝志と延長戦へ

投稿日:2019年8月13日 更新日:

8/12「5時に夢中!」生放送終了後、立花孝志に出待ちされ「番組を降りる」とパニックを起こしたマツコ・デラックスが、一転して番組を降板しないことがわかった。

TOKYO MX「(マツコ・デラックスの)降板の事実はありません」

崎陽軒のシュウマイは買いません。マツコ・デラックスが謝罪するまでは・・・

マツコ・デラックスの出待ちを終えた立花孝志は、その日のうちにアップロードした上記動画内で発言。

要約すると、

  • マツコ・デラックスは来週から「5時に夢中!」に出ないと思っていたが、どうやらそうではない
  • 番組終了後、マツコ・デラックス、番組プロデューサー、マツコの所属する「ナチュラルエイト」社長の3人で打ち合わせが行われる。
  • マツコ・デラックスは「(有権者を侮辱したことについて)反省するつもりも説明するつもりもない」と、とにかく逃げ切ろうとしている。
  • まったく反省しておらず、こちらをなめている。
  • マツコ・デラックスは「5時に夢中!」をもともと9月末を持って辞める予定。
  • 対抗措置として番組スポンサーの「崎陽軒」不買運動を呼びかける。

立花孝志の動画内での発言だったが、サンケイスポーツがTOKYO MXに取材しており、降板否定事実の裏付けは取れている。

同局はサンケイスポーツの取材に「降板の事実はありません」とコメントした。

https://news.livedoor.com/article/detail/16919333/

「N国党」立花孝志VS「5時に夢中!」マツコ・デラックス延長戦へ

さらに立花孝志は同動画内で、来週以降もマツコ・デラックスが番組をやめるまで出待ちを続けると宣言。

「皆さんは絶対に! 絶対に来ないでください!」とダチョウ倶楽部のノリでTOKYO MXに集まらないよう呼びかけた。

さらに「有権者がふざけて票など入れない」と改めてマツコ・デラックスの言動を批判していた。

TOKYO MXとマツコ・デラックスの問題

無視、沈黙を貫くTOKYO MXとマツコ・デラックスにも問題がありそうだ。

放送法第4条を見てみると、

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。

二  政治的に公平であること。

三  報道は事実をまげないですること。

四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

立花孝志を無視しているばかりでは問題は終わらないと思われる。

マツコ・デラックスの「気持ち悪い」「ふざけて票を入れた人も相当数いる」などの政治的公平性に欠けた、事実を曲げた発言を謝罪するか、立花孝志を「5時に夢中!」に出演させ、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることが必要ではないだろうか。

無視を貫く姿勢のマツコ・デラックスと、徹底抗戦の構えを見せる立花孝志。

「テレビVSネット」とも取れる両者の激突はどのような結末になるのか、目が離せない。

-N国党, 政治, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

木下優樹菜がフジテレビに出演強行で炎上。涙流すも同情されず【BACK TO SCHOOL!】

タピオカ店を恫喝したとして絶賛炎上中の木下優樹菜さんが、フジテレビの新番組「BACK TO SCHOOL!2時間SP【みやぞん、木下優樹菜が転校生に!】」に出演を強行したとして炎上しています。 もはや …

山口小夜子がマツコに与えた影響は?晩年や夫も調査

伝説のトップモデル、山口小夜子さんの紹介です。 日本人パリコレモデルの門を開いたとも言われる山口小夜子さんですが、その活躍は図りしれず、あのマツコ・デラックスさんにも影響を与えています。 またその晩年 …

りんご娘の彩香(さいか)の身長が伸びまくっている件

りんご娘のメンバー、彩香(さいか)さんの紹介です。 名前の漢字が「あやか」と呼んでしまいがちですが、正しくは「さいか」さんです。 彩香(さいか)さんはかなりの高身長で、しかも成長期なのでまだまだ伸び続 …

N国党・立花孝志はNHKの京都アニメーション実名公表にどう動く?

NHK、毎日新聞などによる京都アニメーション放火事件の被害者実名公表が問題になっています。 特にNHKといえば、青葉真司容疑者の犯行当時、NHKの吉田達裕ディレクターが都合よくその場に居合わせたりする …

山内圭哉がどぶろっく(芸人)に似すぎている件。塚本高史にも!

俳優の山内圭哉さんが芸人のどぶろっくに似ていると話題です。 いったいどのくらい似ているんでしょうか? また、同じく似ていると話題の塚本高史さんとも比較してみます。 ということで、今回は「山内圭哉がどぶ …