感想 映画

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 【感想】 怖くはないが続編は観たくなる

投稿日:

2017年アメリカ公開「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」

 スティーヴン・キング原作の人気小説の映画化。

 原作が分厚い本4冊分の大長編のため、映画は二部構成、今作はその第一部。

 第二部は今年11月に公開。

 ホラー映画と銘打たれてはいるものの、期待すると肩透かしを食らう。

 ホラー要素も入った青春映画として観た方が良い。

あらすじ

 1988年。

 アメリカ、メイン州デリー。

 “それ”によって子供の失踪が相次ぐ田舎町。

 弟が失踪した少年ビルは、ルーザーズクラブの友達と共に連続失踪事件の謎を追う。

 友情、いじめ、初恋、家族、喧嘩……。

 それぞれに思春期の悩みを抱えながらも、彼らは“それ”の恐怖に立ち向かう。

ネタバレ感想 ホラーではなく青春映画。しかしスタンド・バイ・ミーほどの感動作でもない。

 まず観終わって続編が早く観たくなった。

 原作は昔読もうとしたことがあるけど、長いのと訳文が難しいのとで挫折……。

 テレビドラマ版も未視聴。

 みずみずしい少年少女の戦いを描いた第一部から、27年飛んで中年となった主人公たちが再び“それ”と対峙する第二部。

 キャラクターがみんな良くて、ホラー要素抜きに青春映画として面白かった。

ペニーワイズが怖くない

 前評判はある程度聴いてたのでホラーとしての期待はしないで観た。

 確かに怖くない演出が多い。

 最初は「ホラーに重きを置いてないだけ」と思ったけど、あまりに演出に工夫がないので、「手を抜いてる」と思われても仕方ない。

 ピエロのペニーワイズも、彼が変化した子どもたちが最も恐れる対象もそう。

 基本的に化け物はこっちの意表をつくことなく普通に出てくる。

 で、BGM流してみたりカメラを斜めアングルにしてみたりして、それっぽいシーンにしている。

 子供向けのホラーなんだと言われればそれまでだけど、主人公たちの27年に渡る“それ”との対峙を描く映画で、大人の観客を無視していいとも思わない。

 “それ”が怖くなければ、“それ”を怖がる主人公たちにも感情移入しにくくなって致命的だ。

 一部怖かったシーンもある。

 冒頭の有名な下水道に引きずり込まれるシーン。

 首のない子供が突然駆け出してくるシーン(でも他のシーンでも同じ手法が使われてるのでなんだかな

 ペニーワイズが怖くなかったのは残念だけど、もともとそこには期待せずに観たので自分的には問題なかった。

 ペニーワイズがブルブル震えながら突っ込んでくるシーンは、魔人薬で覚醒した喧嘩稼業の金田保みたいで「オマージュかな?」と思った。

主人公たちの友情についてもう少し

 青春映画として楽しめたけど「スタンド・バイ・ミー」ほどの出来ではない。

 ホラーにも尺を割く都合上、どうしても中途半端になってしまった感がある。

 そのホラー要素も微妙なので余計に目立った。

ジェームズ・ワンに頼めばよかったのに

 鑑賞中ずっと、ジェームズ・ワンに頼めば良かったのに、と頭にチラついてた。

 「インシディアス」「死霊館」など、家族愛にばっかフォーカス当てるから作品の見分けがつかなかったりするけど、ドラマもホラーもしっかりまとめてくれるジェームズ・ワン・バージョンで観てみたかったなぁ。

まとめ「IT( イット)2 THE  END/それが見えたら、終わり」に向けて

 不満はあるけどドラマは引き込まれたので続編は劇場で観る。

 原作も再チャレンジしてみようかな。

 第二部では撃退したはずのペニーワイズが27年後再び現れ、中年となった主人公たちが対峙する。

 主人公たちがどんな変化を遂げてるのか、ペニーワイズをそもそも倒せるのか、今から楽しみ。

-感想, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランスポーター3 アンリミテッド 「ヒロインがうざい」でお馴染み【ネタバレ感想】

 2008年フランス公開映画「トランスポーター3 アンリミテッド」。  格好いいカーアクションとバキバキの肉体ジェイソン・ステイサムと良いとこなしのパリピ系ヒロイン、三つ巴の人気シリーズ3作目。 トラ …

トランスポーターイグニション【感想】美女がちゃんと美女

2015年フランス公開「トランスポーターイグニション」  人気のカーアクションシリーズ第4弾。  今作からリブート作品となり、主演はジェイソン・ステイサムからエド・スクラインにバトンタッチ。  シリー …

【シーズンF】有田と週刊プロレスと#4 天龍VSパリピ! ジャイアント馬場のモノマネ多め! 感想

天龍源一郎に訪れた奇妙な転機  今回扱うのは1990年4月28日の週刊プロレス。  ゲストは北海道芸人で現在、加藤浩次についていくかどうか迷っている平成ノブシコブシ吉村。  約30年前に開かれた『日米 …

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ドラクエファンの愛に賭けた挑戦的な仕掛け【感想】

※記事の途中からネタバレしてます。 ドラクエの映画化  「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を8/2公開初日レイトショーで観た。  ラストに賛否両論の展開が待ち構えている、ということは聞いていたけど …

君の名は。 作家性とエンタメ性のゴチャまぜ丼【ネタバレ】

「秒速5センチメートル」から「君の名は。」へ  君の名は。をこの間ついに観たのでダラダラ感想。  面白かった。  秒速5センチメートルにドハマリした高校生当時。  それ以降他の新海誠作品は観てなかった …