事件

レバノンと日本の関係はどうなる?トルコ参戦でも日本の腰抜け外交で情けない結末か

投稿日:

日産の元会長、カルロス・ゴーンが日本からレバノンへ、映画ばりの脱出劇を披露しました。

悪事を働いた分際で脱出後好き勝手言っているようですが、この事件の影響でレバノンと日本の関係はどうなるのでしょうか。

トルコは日本の追い風となる行動を起こしてくれていますが、個人的には日本にほとんど期待できません。

ということで、今回は「レバノンと日本の関係はどうなる?トルコ参戦でも日本の腰抜け外交で情けない結末か」というお題で調べてみました。

レバノンと日本の関係はどうなる?トルコ参戦でも日本の腰抜け外交で情けない結末か

カルロス・ゴーン出国問題について、レバノン外務省は「うちは関係ない」と政府の関与を否定する声明を出しています。

通じるはずのない無茶な言い訳ですね。

また「犯罪人引渡し条約を締結していないのでカルロス・ゴーンは渡せないが、日本とは良好な関係を築いていきたい」と張り倒したくなるコメントを披露しています。

こんな都合のいいコメントをのうのうと出せる辺り、日本はどれだけなめられてるんでしょうか。

ニュース記事ではこのコメントについて、日本との外交問題に発展するのを避ける意向、などと表現していますが、自分から言わせると「どうせ日本は何もしてこないから舐め腐ろう」という意向でしょう。

日本は腰抜けと思われていますし、事実外交においては腰抜けです。

安倍首相はなにかコメントしたんですかね。

気が滅入るような展開の中、トルコがカルロス・ゴーンを手助けしたパイロットなどを拘束した明るいニュースもありました。

トルコの対応への感謝と同時に日本の情けなさも際立ちます。

トルコではさらにジェット機違法使用に対する告訴、インターポールによる国際手配、レバノンではイスラエル入国罪でゴーンへの訴追準備など、日本とは直接関係ない人達が積極的にゴーン討伐に向け動いています。

今後もなにかしらの展開は続くでしょうが、レバノンと日本の関係には何も変化がないと思います。

日本が腰抜けだからです。

日本を舐め腐ったカルロス・ゴーン及びレバノン(フランスも)。

断交はもちろん、せめて経済制裁の一つくらいしてほしいものですが、日本政府にそんな度胸があるとは思えないんですよね。

日本政府が一番強気に出れるのは日本国民だけですから。

外に弱くて内に強いって一番ださい。

この問題、日本は不当拘束をする国、というイメージを拡散されて終わりじゃないでしょうか?

韓国中国などに対してもそういうことを過去、日本政府は繰り返してきたわけですから……。

もちろん願いは、カルロス・ゴーンとレバノンに対してきっちりけじめをつけさせてほしい。

が……期待、出来ないですね。

レバノンと日本の関係は? まとめ

ということで今回は「レバノンと日本の関係はどうなる?トルコ参戦でも日本の腰抜け外交で情けない結末か」と題した記事を紹介しました。

日本政府は腰抜けなのでトルコなど他の国に期待する他ない、という現状が悲しいです。

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

首里城の再建はいつ?世界遺産の過去の火災データから推測してみた

  2019年10月31日、沖縄の世界遺産の首里城で火災が発生しました。 首里城の正殿と北殿、南殿が全焼するという大きな事態になっています。 大変ショッキングな出来事ですが、再建、復興はいつ …

宮崎文夫は馬渕教室の元英語科講師!偏差値75のエリートあおり運転

常磐自動車道で発生したあおり運転暴行事件。 その容疑者「宮崎文夫」の情報が一気に拡散しています。 悪質過ぎるドライバー宮崎文夫容疑者ですが、彼のFaceBookを見ると、馬渕教室の元英語科講師で出身高 …

【大麻取締法違反】大麻の密輸・輸入の罰則・量刑は?初犯の国母和宏はどうなる

大麻取締法違反でスノーボード元五輪代表の国母和宏さんが逮捕されました。 国母容疑者が犯した大麻取締法違反について、どのくらいの罪の重さになるのでしょうか? 大麻取締法違反の中でも、国母和宏さんが初犯で …

「正解は一年後」が「つまらない」と炎上。田村亮で全カットはやりすぎでは?

2019年12月30日、TBSの年末恒例番組「クイズ!正解は一年後」が放送されました。 しかし、吉本芸人闇営業問題の影響で、田村亮さんが出演した一年前のVTRがすべて使えなくなるという前代未聞の事態が …

マーシー(田代まさし)4回目の逮捕。薬物依存から立ち直る絶望的な難しさ

マーシーこと田代まさしさんが覚醒剤所持により、9年ぶり4回目の逮捕です。 「またか」と呆れ返ると同時に、薬物依存から抜け出すことの難しさがよくわかる逮捕だったと思います。 田代まさし容疑者が薬物依存か …